27 07/13
00:09

消費者金融の審査について

消費者金融の審査で問われる必要要素は、返済能力があるか否かです。

返済能力とはその言葉の通り、借金したら返済する力が備わっているかという事です、何も人の性格や態度を見て主観的に
判断するのではなく、定期的に収入があり、他に借金が無いか、というような客観的な視点で判断されますので、素晴らしい
人格の持ち主であるとかそういう事は関係ありません、無職無収入では原則的に借りる事が出来ないです。

50万円以下の借金であれば、運転免許証で身分証明出来れば、収入証明書無しで申込み審査可能で、50万円以上の申込みだ
と必要になります。

消費者金融では年収の3分の1を超える借入は規制により無理になっています。
利息は利息制限法で定められた利息を取られます。

審査に関しては直接店舗に行くパターンもあれば、最近ではインターネットを通してWEB申込みによって、
申込み、審査、入金、返済という一連の取引の流れが、自宅から一歩も動く事なく出来るようになっていて、
ネット接続可能なパソコン、携帯電話があれば、忙しくて時間が取れないという場合でも審査に挑む事が出来ます。

審査自体も30分程度で終わる事が多く、非常に迅速な対応をしてくれるので、すぐにお金が欲しい時でも対応してくれます。
オリックス銀行カードローンが今の所、一番オススメです。
【オリックス銀行カードローン】審査に通る為の3カ条! ※審査・口コミ・評判・申し込み

26 07/13
17:08

消費者金融の審査を有利にする方法

消費者金融に申し込みをするとき、避けては通れないものといえば、審査です。
いくら本人が借りる気まんまんであっても、消費者金融の審査で落とされてしまってはもちろん借りることなどできません。
審査基準では、どのような職業についているか、いくらの収入があるか、持ち家はあるか、現在の借り入れ状況はどうなっているかなどの審査項目があります。
しかし、いくら消費者金融に申し込むためとはいえ、いきなり持ち家を持って審査を有利にしようなどという人はいません。
とはいえ、申し込む際のちょっとした事で、審査を有利に進めることができるのです。

まずは、使っていないクレジットカードやカードローンは解約しておくということ。
クレジットカードやカードローンに関しては、使っていなくても「借り入れ」と判断されてしまいます。
付き合いで作ったクレジットカードであるならば、解約したところで大した影響はないでしょう。
ただし、ここで気をつけたいのは、解約してすぐに消費者金融への申し込みをしないということです。
これをすると、逆に審査が厳しくなってしまいます。

そして、無職の方は派遣会社に登録をするということです。
とりあえず派遣会社に登録していれば、「派遣社員」という肩書きが手に入ります。
これで審査は有利になるのです。
また、レイクの審査が比較的甘めとの噂を聞きましたのでオススメです。

26 07/13
00:08

消費者金融の審査に通るには

私は何年も消費者金融にお世話になってきたのである程度の経験と知識があります。
消費者金融における審査の通過は、やはり安定した収入があることが絶対条件だと思いますね。
フリーターやフリーランスの不安定で社会的信用が少ない仕事に就かれている方だと
審査を通過するのは簡単ではないでしょう。
また無職や主婦の方が審査を通過するのはかなり難しいのではないでしょうか。
やはり安定した収入があるきちんとした仕事に就いているほうが有利なのは間違いないでしょう。
例えば公務員だとか大企業に勤めている方なら割と簡単に通過できるのではないでしょうか。
だからといってそういった不安定な人でも通るような消費者金融ももちろんありますが
借り入れ限度額が低くなったりそういった不利な面はありますね。
また、勤続年数が長ければ長いほど有利になるでしょう。
勤めて三ヶ月の人間と同じ会社に十年勤務している人間では審査の通りやすさが違います。
私が初めて消費者金融を利用したのはサラリーマン一年生の頃でした。
そこそこ名の知れた会社にいたこともあり、比較的審査は簡単に通りました。
また、借り入れ限度額も返して実績を作っていくことでどんどん上がっていきます。

25 07/13
00:07

消費者金融の審査で弾かれる時

消費者金融でキャッシングやローンを利用したい時に、申込んで審査通過する必要がありますが、この審査に弾かれる方は、もちろんいます。

原則として無職無収入は通りませんし、すでに複数業者に借金があったり、年収の3分の1借入している方も審査に通過出来ないです。

通常は借金が無くて、20歳以上で定期的な収入があれば、業者の定める枠内で利用可能で審査にも通りやすくなっています。

審査に通らないという事は返済能力に疑問視されるからですが、信用情報が低い方も通りません。

信用情報は金融業者が共有する情報で、例えば過去に借入を行って、その時の返済実績が悪いと信用情報に傷がついてしまい、
それが業者なら確認出来るようになっています。

期日までに返済しないとか、基本的なルールを何回か破った方がそういう情報に挙げられるので、ブラックリストに載るという
ような表現になります。

そういった信用情報に傷がついた方は、審査に通りにくくなるのは当然なので、金融業者で借金を行った場合は、必ず決められた
約束通りに返済をしていく事が必要になります。

現在収入もあり、定職もあるという場合でも過去の履歴が邪魔をして審査に通らないという事は十分にあり得る事です。

23 07/13
00:18

消費者金融の審査体験談

消費者金融での審査についての体験談になります。私は某消費者金融業者から融資を受ける際、インターネットで仮審査を申し込みました。まずは自分の年収や勤務先と勤続年数などを入力しました。次に家族構成や住まいの形態や居住年数などを入力しました。その次は借入希望額を入力ですが、私は初めに150万円を設定しました。一般的に借入希望額は年収の3分の1以上だと審査が通らないなどと聞きますが、私が今回申し込みをした消費者金融ではそんな事はありませんでした。そこまで入力して仮審査の結果を待ちました。翌日には私の携帯電話に仮審査承認の連絡がありました。その翌日自宅に仮審査承認の通知が届き、私はその通知と添付書類を持って近くにある消費者金融の店舗に向かいました。店舗の窓口で私は本審査に必要な書類の記載をしました。まずは契約書ですが内容は仮審査のときに入力したものとほぼ同じ内容でした。次に信用調査同意書に記名捺印をしました。これは他社の金融機関で返済滞納などの事故歴があるかどうかを調べることの同意書になります。私は以前他社で融資を受けていましたが、そのときは返済遅れも無く完済しましたので心配はしていませんでした。また、勤務先在籍調査についても、あらかじめ勤務先の事務員に消費者金融から連絡がある旨を伝えておいたので特に問題にはなりませんでした。そこまでの手続きを完了して本審査の申し込みは終わりました。その翌日、私の携帯電話に本審査承認の連絡がありました。それから1週間の待機期間後、無事融資を受ける事が出来ました。